医療のミス

医療過誤とはいったい何か

医療過誤と聞いても、なかなか聞きなれない言葉なので分からない方も多いと思います。医療過誤とは医療機関に於いて、病気、怪我などの治療過程で生じる、いわゆる事故、医療ミスのことです。医療ミスという言葉はご存知である方もおられることでしょう。病気や怪我以外に、美容目的で受けた医療サービスでの事故も、この医療過誤の中に含まれます。このように日常生活ではさまざまな場面で、医療に接する機会があり、医療過誤という問題は、決して他人事ではなく、至極、身近で、誰しもに起こる可能性を秘めている問題だと言えます。 こうした問題が起きたとき、患者であった被害者側が一人で解決を図るというのは、極めて難しく、解決には支援機関への相談が急務となります。

相談すべき支援機関や団体

医療ミスの相談と考えて、まずは弁護士と思われた方もおられると思いますが、確かに医療ミスで最終的には裁判で解決を図るというのが、一般的です。なぜなら、病院や医院というのは会社であり組織であるともいえますので、それゆえに、なかなかその責任というのは認めたがらないものです。ですので、裁判による解決が図られ、裁判と言えばまずは弁護士への相談というのは、セットであると思われますが、弁護士というのは医療過誤の訴訟を、多くは敬遠したがるものなのです。何故なら、法廷ではあらゆる医学用語が用いられるので、弁護士であろうと専門的な知識がなければ、絶対に裁判を戦えません。なので、近くの弁護士事務に相談をしても断られるのが圧倒的だと思われます。 こうした問題で相談するのが一番いいのは、医療トラブルを専門に支援する機関や団体がいろいろあるので、そちらに相談されるのがいいかもしれませ。弁護士の紹介もあります。