専門知識と経験値のある弁護士こそが、救いの神となる

美容整形での問題

医療過誤の問題は、美容外科でも起こります。女性に人気の美容整形が失敗することで裁判沙汰になるのです。相談もなく泣き寝入りなどせず、しっかりと間違いを公表することは次の被害を食い止めることに繋がります。

詳細はこちら

トラブルを解決

弁護士は、生活の中で起きた問題を解決する為に存在しています。医療関係の施設を利用する中で、医療過誤が生じた場合には相談をすることで解決への道が開けます。生じた問題はしっかりと解決する必要があるのです。

詳細はこちら

優秀な弁護士

実績を多くもつ弁護士は優秀な弁護士として、依頼の件数も多く人気を高めているとという特徴があります。医療過誤などの専門的な分野に特化した弁護士に相談することで、スムーズに問題を解決させることが出来るでしょう。

詳細はこちら

医療のミス

病院では、病域を完治させる為の治療を多くの患者に施しています。その治療の中で起きた医療ミスを、医療過誤と言います。医療過誤が起きた場合には解決の為に、弁護士へ相談するといいでしょう。

詳細はこちら

周りに相談

自分が医療関係の施設を利用する中で、医療過誤を発見したらまずは周りに相談をしましょう。医療過誤というのは、場合によって命に関わるミスでもあります。きちんと告発をして間違いを正す必要があるでしょう。

詳細はこちら

相談をしよう

医療過誤が起きた場合

医療過誤と聞かれても、ピンとこない人が多いと思います。医療過誤とは巷でよく耳にする、いわゆる医療ミス、及び医療事故のことを言います。何も事故に遭いたくて、医療サービスを受けたわけでなく、病気などを良くする目的で手術や治療を受けたのですから、被害に遭われた人やその家族のこと考えれば、心痛を極めていらっしゃることでしょう。 医療過誤に遭われた場合、患者であった被害とその家族が個人で出来ることというのは、正直何も手だてがないというのが現状です。例えば、医療行為を受けた病院やクリニックに説明を求めても、相手というのはなかなか、過失を認めたがらないもので、難しい医療用語を並べられて、頭を混乱させられるばかりか、単に説明を求めただけなのに敵愾心を生んで、関係書類の改ざんなどが起こる場合があります。

弁護士への相談はお早めに

医療過誤の問題の解決で、往々にとられる手段というのは、やはり裁判です。さきほどもあげましたが、病院や医師の過失を認めさせるのは、個人では不可能に近く、まずは弁護士などの法律家を味方につけることが先決だと言えます。 弁護士への相談は早ければ早いほどいいです。何故なら、時間が経ってしまうと、被害者である患者であれ、事故が起こった時の状況の記憶が薄れていき、その後の裁判で不利を被るからです。ですので、弁護士への相談は医療過誤かと思われたら、直ちに行うことが望ましいと言えます。 ただ、この医療過誤の問題に全ての弁護士が対応してくれるかと言えば、そうではなくて、殆どが弁護を拒むというのが実情です。そうしたとき、全国には各種、相談窓口がありますので、そこでは相談以外にも、弁護士の紹介も行っていますから、まずはそちらを足掛かりにされてもいいかもしれません。

弁護士だけが味方ではないのです

まず始めに、医療過誤の問題の背景を紹介します。 医療過誤とは、医療ミスとも呼ばれ、医者の治療などの失敗から患者に被害が及んでしまう事象を指します。 日本では、医療過誤は刑事的・民事的な責任を問われることがあります。 しかしながら、訴訟による裁判では、患者側はどうしても不利な状況に置かれることが多いのです。 理由としては、医療という分野そのものが非常に専門性が高いことにあります。 その水準の高さから、過失の判定をするための立証が困難であるというのです。 そうした理由で、敗訴した患者側が泣き寝入りするケースも少なくはないのです。 ですが、ここであきらめるべきではないのです。 医療過誤の相談サービスは年々強化されています。 味方に付けられるのは弁護士だけではなく、医療の知識に特化した 医療コーディネイターも然りです。 サービスを受けるには、電話やHPによる申請から簡単な状況の説明に入ります。 そこで双方の合意のもと、直接的な相談が成立するのです。

医療過誤と戦う人たちのブログが人気です

先ほどは、医療過誤に立ち向かうための手段として相談相手を味方につけることを紹介しました。 しかし、医療過誤と戦っているのはあなたとその相談先だけではないのです。 医療過誤は医療における深刻な問題の一つです。 そうした背景からか、医療過誤について立ち向かう主旨を掲げる患者のブログが多く立っています。 さらに、こうした内容のサイトのランキングサイトも存在しているのです。 したがって、それだけ同志的な人気があるというわけです。 その理由は、言うまでもないのです。 基本的に、医療過誤の被害を受けた患者は孤独です。 健康的な問題を抱えつつも、それを理解されないまましぶとく生きていかねばならないからです。 しかし、こうした「仲間」がいることでブロガー同士、もしくは患者同士で意見交換できる場が 成り立っているのです。 さらに、先ほど紹介した弁護士やコーディネイター個人の公式ブログも人気です。 ブログ自体が医療過誤の直接的な解決策にはならないとしても、 専門家と患者たちの連携の場としてネットツールが人気なのです。